The Master of Swift App Coding

Swiftプログラミングでのアプリ作成方法やWordPressのテクニック解説

KotlinでのAndroidアプリ開発がプログラミング初心者におすすめの理由【Java不要】

投稿日:2017年12月30日 更新日:

SwiftがわかればKotlinに自動翻訳できるって本当?
Javaは将来性がないって本当?
こんな疑問に答えていきます。
iPhoneアプリ製作者の僕が解説していきます。

はじめに

今回は、KotlinでのAndroidアプリ開発がプログラミング初心者におすすめの理由10、というテーマでKotlinについて語っていきます。

正直、Java不要だと思うんですよね

 

作業環境

MacOSX Sierra 10.12.6
X code Version 8.3.3
Swift version 3.1
Android Studio Version 2.3.3
Kotlin 1.1.5

 

1.Kotlinをとりまく背景

Androidアプリを作るのにjavaという言語で作るしか選択肢がありませんでした。
近年、Kotlinという言語が公式に開発言語になったため、Kotlinという選択肢が増えました。

どっちで開発しようかな、と迷っている人、
iPhoneから始めたけど、Androidって勉強する必要あるかな、と迷っている人に向けて
判断材料となるような情報を書きます。

 

2.Kotlinのメリット

(1)KotlinはSwiftに似てる

Kotlinは文法がSwiftに酷似しています。

(2)Kotlinのコンバーターが存在

Kotlinのコンバーターが存在します。
便利ですね。
自動翻訳ツールで8割くらい変換できる気がします。

SwiftKotlin
https://github.com/angelolloqui/SwiftKotlin

ただし、万能ではないので、特殊なコードを使った場合などは手作業で直す必要がありそうです。
でも日々進化していきそうですね。

 

3.Kotlinのデメリット

(1)KotlinはSwiftに似てない部分もある

KotlinはSwiftに似てると考えるよりも、Swiftのライバル言語だと考えた方がわかりやすいです。

(2)Kotlin公式は日本語ページは中途半端

Kotlin公式は日本語ページは中途半端なんですよね。
リンクが未整備で、詳細ページに綺麗に飛べないんです。
かといって、英語で見てると時間が勿体ないですよね、自動翻訳したとしても。

Kotlin公式
https://kotlinlang.org

(3)Andoroid開発時、結局XMLファイルは編集する必要がある

結局XMLファイルはXMLで編集しないといけないです。
最近はAndorid Studioも、目で見ながらデザインを構築できるようになりましたが、あれって嘘ですよね。
全ての設定を、目で見ながら行うことはできなくて、結局すぐXMLを書かせている気がします。

 

まとめ

KotlinでのAndroidアプリ開発がプログラミング初心者におすすめの理由を書いてきました。

Swiftに似ている、コンバーターの存在、細かい異なる点、公式の見にくさ、XMLファイルの存在などが検討項目でした。

Swiftから学んだ初心者にとってはオススメだと思います。
Javaの将来性を考えると、ローコストで開発を学んでいくのがいいのかなと思います。

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

-Android Studio, Kotlin

Copyright© The Master of Swift App Coding , 2018 All Rights Reserved.