The Master of Swift App Coding

Swiftプログラミングでのアプリ作成方法やWordPressのテクニック解説

Android Studioをインストールする方法【開発の準備完了まで30分】

投稿日:2017年9月28日 更新日:

Android Studioをインストールして開発開始の状態にさせるまで約30分で可能って本当?
Android StudioでHello worldするまでの流れを教えて?
こんな疑問に答えます。

僕はWordPressのブログでは月2万PV、自作のiPhoneアプリを2つリリースしています。
そんな僕が解説していきます。

作業環境

Android Studio Version 2.3.3
Mac OSX 10.12.6
2017年9月

Android Studioをインストールする方法【開発の準備完了まで30分】

Androidでアプリを開発する準備です。

(1)Android Studioをインストール

Android Studio
hhttps://developer.android.com/studio/index.html

(2)起動します、プロジェクト新規作成します

起動後にアップデート作業がある場合もあります。
ポップアップするので適当にアップデートします

(3)プロジェクト名を入れます

プロジェクト名は、はじめにきっちり決める習慣をつけた方がいいと思います。
理由は、後からプロジェクト名・アプリ名を変更しようとすると30分くらいの作業量を費やすからです。

(4)デバイス、バージョンを選びます

(5)テンプレートを選びます

(6)各構成ファイル名を確認します

(7)無事に開発開始画面にたどり着きました

Android Studioをインストールした後にすること【実機をつないでhallo worldを表示させる】

この次は実機をつないでhallo worldを表示させましょう

Androidを繋げないと立ち上げにすごく時間かかる

パソコンのスペックにもよりますが、Macbook Pro2014でAndorid Studioのシミュレーターを起動すると1−3分かかる印象です。
実機を繋げないと現実的には作業が難しいです。
バージョンにもよるのかもしれません。

参考:
Android Studio
hhttps://developer.android.com/studio/index.html

というわけで今回は以上です。

個人的な感想ですが、この時点でXcodeの方が5倍使いやすいです…

人気記事TweetDeckでおすすめの表示設定と使い方【Column(列)の並べ方】

-Android Studio, Java
-, ,

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

Copyright© The Master of Swift App Coding , 2019 All Rights Reserved.