The Master of Swift App Coding

Swiftプログラミングでのアプリ作成方法やWordPressのテクニック解説

iPhoneは縦のみ、iPadは縦横対応させたい時のXcodeでの設定操作方法

投稿日:2017年9月19日 更新日:

iPhoneは縦のみ対応してiPadは縦横対応させたい時のXcodeでの設定の操作方法は?
Universalを選択し、縦のみの設定にしてから、iPadの設定をを全許可するって本当?
落ち着いて操作すれば5秒で解決って本当?
こんな疑問に答えます。

僕はWordPressのブログでは月2万PV、自作のiPhoneアプリを2つリリースしています。
そんな僕が解説していきます。

作業環境

X code Version 8.3.3
Swift version 3.1

iPhoneは縦のみ、iPadは縦横対応させたい時のXcodeでの設定操作方法

iPhoneとiPadの両方に対応するアプリを製作している時に、iPadの場合は縦横のどちらにも対応したい
でもiPhoneでは、横向きに対応したくない、縦のみで使用してほしい、という状況の時です。

Universalを選択し縦のみの設定にしてからiPadの設定をを全許可

少しややこしいですが、Universalを選択し、縦のみの設定にしてから、iPadの設定をを全許可します。

Universalタブでの設定

Universalというのは、iPhone、iPad両方に対応するという意味です
Universalタブでの設定項目表示は、iPhoneの方が見えているようです

何を言ってるの??って感じですよね
僕も、そう思ってます
わかりにくいですよね

結果的に、タブを切り替えると
iPhone>>縦のみ
iPad>>縦、横、両方
Universal>>縦のみ

という状態になります
これでOKです
これでシミュレーターを立ち上げると、iPadでは縦横が許可されて、iPhoneでは縦のみが許可されている状態になっていると思います

つまり、「タブを切り替えてみないと、詳細はわからない状態」になっている
ということだと思います

(予想ですが、この仕様は、次のアップデートあたりですぐ変わるような気がしてます。だって、わかりにくいじゃん)

参考
Launching your iPhone Application in Landscape
https://developer.apple.com/library/content/technotes/tn2244/_index.html

というわけで今回は以上です。

人気記事TweetDeckでおすすめの表示設定と使い方【Column(列)の並べ方】

-Swift, Xcode
-, ,

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

Copyright© The Master of Swift App Coding , 2019 All Rights Reserved.